2011年01月02日

雑煮レボリューション

2011年になりました。
今年こそよろしくお願いします。

さて、新年になると当たり前に食べるお雑煮ですが
考えると不思議な食べ物です。
地域ごと、家庭ごとに味が違うのに
お正月に食べるものとして地位を確立している。

でも、モチは丸か四角か、焼くのか、焼かないのか、から始まり、
すまし汁でも味噌汁でもお雑煮なんですから。

ラーメンでも「塩ラーメン」「味噌ラーメン」って言わなきゃ
聞き返されますよ?
そもそも「お雑煮」
ここまでざっくりした料理名もないと思うのです

いろいろ煮たから雑煮?
となると、隣にあるうま煮も雑煮じゃないのですか?

まぁ、おせちの中も普段の食卓で見ない珍しい名前が多いですけど
(きんとんとか伊達巻とか)
それでも作り方や味は全国でほぼ統一されています。

そもそも家庭以外でお雑煮を見ないことに問題がありそうです。
結婚したりして初めて違う味に出会うなんて料理は
そうそうないと思うんです。
料理の本とかでも、あんまり見ないですし…
難しい料理でもないですしね。

じゃあ、自由度が高いからいろんな新しい味があるかと思えば
ブームが起こったり、噂を聞いたりしたこともなく
粛々と伝統を受け継いでいるのですよ。

「モチを入れた汁料理」が全部「お雑煮」であるなら
例えば、トマト鍋やカレー鍋が流行ったように
トマトスープやカレーに入れて「お雑煮」って言ってもいいわけですよね。
他にもクリームシチューとかデミグラスソースとか…
甘いのがよければアンコ…( ̄0 ̄;アッ これは世間ではお汁粉と呼びます。


ちなみに、私はモチが嫌いなので試そうと思ってません
新物好きの皆様どうぞ・・・( ̄  ̄;)
posted by ジャーニー at 19:12| Comment(2) | TrackBack(0) | エッセー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
明けましておめでとうございます!
今年も宜しくお願い致します。
お雑煮ってホント地域それぞれ全然違いますよね〜
この時期のブログってそれぞれが自分の家のお雑煮をUPして、「え〜!ウチの方ではこんなだよ〜」なんて言い合ったり(*^。^*)
アンコ餅の地域もありますよね。
今日のTVでも「意外と美味しい!」なんて言ってたけれど、あれだけはどうしても信じられない・・・
Posted by かっこ at 2011年01月04日 22:50
>かっこさん
今年もどうぞよろしくお願いします
自分で「全国こういうものだろう」と思ってたのが
各家庭で違うのを知った時は驚きましたね…
というか私の家は両親それぞれの家庭の味で2日で2種類食べてたんでした(; ̄ー ̄)
アンコは見た目で怖いですね…自分で作るには勇気が(^^;
Posted by ジャーニー at 2011年01月05日 22:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。