2011年01月08日

魚は切り身で泳ぐのか

先日のお雑煮もそうだったんですが
思い込みってありますよね

学生時代に『「ピラフ」と「チャーハン」って違いってないよね?』という質問を受け
「ピラフ」=「炒めたコメを炊く」
「チャーハン」=「炊いたコメを炒める」
って解説したら、えらく感心されたことがありました

いえ、この話を自慢したいわけじゃなくてヾ( ̄o ̄;)


都市伝説のような話で「魚の切り身の状態で泳いでると思ってる子供がいる」というのがありますが

本当にこう考えているかどうかは、私の近くに子供がいないので知りませんが
では、食べる前に食材について解説するでしょうか?と聞かれたら、
私なら一回一回はできないと思います。
釣りや水族館など機会があれば説明できるかもしれませんが、
きっかけがないまま、過ごしてしまう可能性は大きいのではないかと。
食べる時点では切り身ですし、大人になって自分で買うようになっても
1匹丸ごと見る機会は少ないでしょう。
そして、それが当然・常識と考えてしまえば
調べたり人に聞いたりすることもなく、修正されないままになってしまいます。

例えば私も、グレープフルーツはブドウのように実がなる、なんて大人になってから知りましたし
ウナギに毒があるなんて「ミスター味っ子」を見てなかったら、今も知らなかったでしょう。

つまり〜まとめ
「これは常識だろう」と思っていても、相手は知らないかもしれません。
だろう運転は危険ってよく言われますよね(←少し違う)
よく知っている相手なら大丈夫かもしれませんが、
人によっては、同じ言葉でも伝わらないこともあります。
少しの回り道も結果的に近道になることもあるのです。
場合によっては、その人の間違った理解を修正することになるかもしれません。

逆に、自分が知らないけど、当たり前のように話が進むときに
「わかりません」と言える勇気を持ちたいと思っております。

すいません、何様だっていう上から目線の言葉になってしまいました( ̄0 ̄;
私もがんばります・・・( ̄  ̄;)まずは普通のコミュニケーションから
posted by ジャーニー at 19:34| Comment(2) | TrackBack(0) | エッセー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お久しぶりです。久しぶりに覗いてみたら
更新されてたので嬉しくなっちゃいました♪
今年も宜しくお願いしますね。

自分が常識だろうと思うことが周りは知らなかったり、逆のこともありますよね。
いくつになっても知らないできたことは
あるし、違う意味で捉えてたっていう思い込みもあるし、そういう場面に出会った時に
恥ずかしがらずに勇気を出して聞く事って大事だと私も思います。

Posted by あけみっふぃー at 2011年01月09日 18:18
>あけみっふぃーさん
今年もよろしくお願いします
聞くは一時の恥ですものね
でも、何か違うと気づくことも必要になるので
きちんと関心を持って聞いてないと、またスルーすることに…(-_-;
Posted by ジャーニー at 2011年01月10日 18:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/179662472

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。